TORAMPOの日記

社会人2年目の21歳。システムの運用(たぶんSE)やってます。

これがヘビーウェイトの力...マカロフPMを買った!

f:id:trampo:20170322233659j:image

三度のアサルトライフルよりハンドガンが好き。

とらんぽです。

 

僕が持ってる KSC マカロフPM(ガスガン) をご紹介

素材はヘビーウェイト樹脂

はじめてヘビーウェイトを買ってみましたが

まるで金属のようです

ひんやりとしていて、ズッシリくる重さ

最高ですね。

 

カートリッジは亜鉛でできていて、これもまた重い

f:id:trampo:20170322234120j:image

 

なにこれ全体的にズッシリぃ〜❤︎

 

全弾撃ちつくすとスライドストップするのはもちろん

発砲時もリコイルがズッシッズッシッ

 

こんな最高なマカロフPMも個人的に欠点を見つけました

ガンプレイができない

ガンプレイができないんです

オセロットみたいに

トリガーガードが上下に稼働するため

クルッと回そうもんなら前へ飛んでいきます

f:id:trampo:20170322234637j:image

跳弾あやつれんやん!!

いいセンスじゃないやん!!!

 

他は最高。いつもは台を作って飾っています。

f:id:trampo:20170322234810j:image

 

買って損はないと思いますよ

 

Amazonでバーボンを買ってみた!ベレンツェン アップルバーボン

f:id:trampo:20170321225652j:image

 
次元大介に憧れてお酒飲んでるところがある。とらんぽです。
 
男なら、飲んでみたいお酒、バーボン。
アマゾンで買えるって知ってましたか。
お酒買えるんですよ、アマゾンで。
 
記念すべきファーストお酒。
「アップルバーボン」

 

ベレンツェン アップルバーボン 瓶 700ml

ベレンツェン アップルバーボン 瓶 700ml

 

 

 
 
バーボンという大人のつらささの中には、アップルのような甘さがあってもいいじゃないか。
そんな、甘苦いクラシックな味なんでしょうか・・・
 
バーボン・ウイスキーってよく言うよな。
ウイスキーってのは穀物からできた酒なんだぜ。
コイツァ、どんな穀物からできてるのか、気になるよなぁ。
おっと、魅力的な酒があると、粋な、喋り方になっちまうぜ。

f:id:trampo:20170321225708j:image

f:id:trampo:20170321225725j:image

えっ?

f:id:trampo:20170321225729j:image

 

f:id:trampo:20170321225731j:image

 
ちゃんちゃん
 
■味
甘いです。
ウイスキーに砂糖を入れたような。棒に刺さった飴を入れたような。

f:id:trampo:20170321225752j:image

 
そんな甘さでした。
でもしっかり、ウイスキー感はあって、値段相応のお酒だと思います。
割ったりして、ジュースみたいに飲めるバーボンって感じですね。(いいこと言った)
 
ちなみに僕はリピートしません。
 
おしまい。
 
 
 

google純正だから安心!スマホ(アンドロイド)で日本語入力する方法

f:id:trampo:20170320232754j:image

日本語入力ができません。とらんぽです。
 
先日格安スマートフォンを買ったのですが
初期状態では日本語入力ができなかったので
解決方法を書いていきます。

f:id:trampo:20170320232814p:image

 
これが初期状態です。そもそも日本語に切り替えるボタンさえなかった。。。
 
まず、GooglePlayで「google 日本語入力」をダウンロードします。
そのままんま調べると出てくるはずです。

f:id:trampo:20170320232821p:image

 
ためらいもなくインストールします。

f:id:trampo:20170320232825p:image

 
インストールできたら、「Google 日本語入力」をタップして起動しましょう。
下の画面が出てきます。

f:id:trampo:20170320232818p:image

 
「設定で有効にする」のボタンを押します。
この状況で、このボタンを押さずにはいられない。素晴らしいUIだと感心します。

f:id:trampo:20170320232841p:image

 
画像のところをタップ(または右にスライド)して有効化します。
すると、アプリに自動で戻ります。(僕は戻りました。勝手に。)
 

f:id:trampo:20170320232832p:image

次に例によって、「入力方法を選択する」ボタンを押します。

f:id:trampo:20170320232837p:image

こんな感じになるので、日本語と書いてある方をタップ(押す)します。
 
これで基本の設定は完了で、もう日本語入力ができるようになりました。(パチパチ)
 
ここまでの設定で、デフォルトは「ケータイ配列」で、ガラケーとおなじになっています。
僕は、パソコンのキーボードと同じじゃないと生きていけません
だから、変更します。
 
google 日本語入力」をまた起動します。
こんな画面が出てくるので
「キーボード レイアウト」を押します。

f:id:trampo:20170320232829p:image

 
最初はこうなっています。
 

f:id:trampo:20170320232852p:image

 
配列の絵が書いてある画像を左へひょいっ!とスライドします。

f:id:trampo:20170320232849p:image

 
これで設定完了。
保存ボタンとかないんですね(へー)
 
ホームボタン押して、メモ帳開いてみます。

f:id:trampo:20170320232845p:image

 
おしまい。
 

格安スマートフォン!ulefone metalを買ったので開封!

f:id:trampo:20170320000351j:image

  
どうも。とらんぽ です。
 
ガジェットは、欲しいから買う。
That's it!(それだけだぜ)
 
いい、いいよ。
ulefone metal
 
14,900円でポチりました。
 
僕的には格安のお買い得だと思ってます。
・RAM は 3ギガもあるし。 ←キレのある動きに影響します。
・ROM は 16ギガあるし。 ←写真や音楽が16ギガ分保存できます。
Android 6.0 だし!
 
早速、約1万5千円の箱を開封します。
 
 

f:id:trampo:20170320000407j:image

 
 
箱の中身は3重になっていて、盛りだくさんの内容です。
まず最上層部にはスマホ本体様が鎮座していました。

f:id:trampo:20170320000423j:image

 
本体は、それほど重たくもなく、かといって、安っぽい軽さではない。
2段目には、周辺アイテム?
・ご存知 USBケーブル(typeA - microUSB B)
・おなじみ SIM取り出しピン
・USB用AC充電器
充電器は日本で使える形ではないです。
でも、日本でつかえる充電器が別で付いてくるので安心してください。

f:id:trampo:20170320000438j:image

f:id:trampo:20170320000452j:image

 
 
3段目が驚きでした。

f:id:trampo:20170320000509j:image

 
「日本ではマイナーだから、ヨドバシ行っても、専用保護フィルムもケースも売ってないだろうなー。」
って思っていた矢先、こんな嬉しいものまで同梱されていました。
おそるべし。
 
 
では本体を見ていきます。

f:id:trampo:20170320000553j:image

 
ベリベリ・・・ん?!

f:id:trampo:20170320000521j:image

すでに1枚貼ってありました。
しばらくは、箱に入っていたフィルムは貼らずに行こうと思います。
 
背面です。

f:id:trampo:20170320000537j:image

背面、上下はプラスチックで、中央部はアルミ。
ひんやりしていて、安っぽさを感じさせない作りです。
 
充電しなくても起動できたので、ノリで設定

f:id:trampo:20170320000609j:image

言語も日本語が選べます
じっくり使って見ないとわかりませんが、今のところ動作にもっさり感はなく、ストレスもありません。

f:id:trampo:20170320000625j:image

これから、自宅で使うメインとして、使い込んで行こうと思います。
SIM入れてないしね!Wi-Fi専用なので!
また、使用感のレビューをします。
 
 
おしまい。